So-net無料ブログ作成
検索選択
ガトランティス軍艦艇 ブログトップ

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦9 [ガトランティス軍艦艇]

前回のプランを基に、艦橋を形としてみました。

①メカコレ「ゴーランド」のパーツ№19と20は、
 サイズ変更無く移植できそうだったのでまず接着。
 後方はWAVEのプラ=パイプ(肉薄φ5)に置き換える分切り取り
 エアインテークの様なディテールはゴーランドさんは前方に向いていますが、
 ククルカンさんのそれは艦尾方向ですので、鉄道模型のベンチレーターを
 仕込んでらしくしてみました。前方はポリパテで整形
②艦橋はメカコレ「駆逐艦」のパーツ№16をそのままのせて
 みました。両サイドのアンテナだけ後方に折れ曲がる様に
 ニッパーで一部をカットしました。艦橋部分について
 他に気になる所はありますが、サイズがサイズだけに、
 艦橋はこのまま使う予定です。

前回作製したマスト(コスモゼロとヤマト2199のパーツ)
を合わせて仮組みしてみました↓↓
ガトランティス艦艇09.jpg
まだまだ大雑把ですが急に全体像が見えてきた様な。
さてさて次はどこを弄りましょうかね。
最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦8 [ガトランティス軍艦艇]

先週末はククルカン級襲撃駆逐艦の艦橋部を
もうそろそろ弄ろうかなと、設定画とにらめっこ。
あっという間に過ぎた休日となりました。

まずは「艦橋後部が艦尾のアンテナと一体となっている」
ことをどうするか?という事に目が行きました。
いろいろ悩んだ挙句が写真の通りです。
後部アンテナは他パーツから流用する事に。
選んだパーツは…
「1/1000宇宙戦艦ヤマト2199」のD27&D28です!
メカコレの為に3000円以上もするキットのパーツを流用するなんて
正気の沙汰ではありませんね…掟破りも良いとこです。
お勧めできる事ではありませんが、思い立ったが吉日とばかりに
気がつけばエイッ!とパーツに手を入れておりました…

ガトランティス艦艇08.jpg
①ヤマト2199のパーツは根元に角度がついていますので
 ヒートペンで均し直線状に。ヤスリで軽く整形しました。
②艦橋との接続の為に選んだ流用パーツはメカコレ「コスモゼロ」の
 パーツ№1~4。アンテナの厚みが1㎜程ですので、これを
 挟むため間にエバグリのプラ棒をかませました。
③艦橋の一部であるアンテナとの接続部は、WAVEのプラ=パイプ
 (肉薄φ5)を使用してみてはと挿してみました。
…週末はこれだけです。小さな一歩ですが
私的には良い感じかと(大きな、大きな代償でしたが…)。
まぁ、あれやこれやと考えて、疲れながらも楽しい週末でした。

あ、アト艦橋自体はメカコレのゴーランドさんの艦橋を
基本体にして移植する方向で考えて行きたいと思います。
なんせメカコレ駆逐艦さんの艦橋基部は単なる棒ですからね!

今週末もこの続きで終始試行錯誤しそうな予感…

さて、話は変わりますが…

模型各誌での記事の通り宇宙戦艦ヤマト2199メカコレクションが
発売になるとの事!
いずれヤマトをブラッシュアップして製作しようとメカコレヤマトは
複数ストック済みですが、それはそれ、価格も432円(予価)
ですからヤマト2199も発売したら複数買い絶対します!
(…いつ組み立てるかは予測不能ですが…)
ユキカゼも発売との事ですので、私が作ったメカコレユキカゼさんの
横に並べてディスプレイも良いな…とか妄想が止まりません。
(しかし2014年4月発売という事は消費税8%ですね…
仕方が無いことだけど。)
1/1000ドメラーズさんもコレクションケース買ったしウェルカムですけど、
買うかどうかは模型屋さんで実際にお目にかかった時の
インパクト次第かな、と今は思っています。

…様々な妄想はつきませんが、
まずガトランティス軍の一艇を今年中の竣工を目指す事にします!
……出来る…カナ?

最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦7 [ガトランティス軍艦艇]

皆様お久しぶりです!

模型の方は少しお休みしておりましたが、
お陰さまで、何とか仕事をこなし健康第一ですごしておりました。

ブログ再開のきっかけは正月の長い休みに、
やる事もなかったのでとりあえず製作途中の
ガトランティス軍ククルカン級襲撃宇宙駆逐艦を弄ってみたのです。
その時「そういえばブログ・・・UPしてないな」と気付いた事でした…
半年ほどブログの更新していなかったんですね…

ほんの少しだけ進捗のあった画像をご覧ください。
ガトランティス艦艇07.jpg
①前回(といってもブログ見たら去年の七夕の出来事!)
 コスモハウンドさんの胴体に換装した本体後部パーツでしたが、
 エアインテークみたいな意匠を再現するにはパーツの肉厚感が
 やはり気になりますので、プラ板でカマボコ状の物を作って
 貼りつけました。
 結局コスモハウンドさんが無駄になってしまいましたね…
 まぁ、あれこれが出来るのも安いキットならではです。

 貼り付け部はパテで継ぎ目を埋めました。
 今回パテは最近買った水性のPERFECT PLASTIC Puttyなるものを
 使ってみました。水で粘度調整できるうえ、乾燥時間が早い!
 ヤスリでの切削性もよく良好な感じでした。
 色も白いし、プラスチックの上に石膏を塗って処理した様な使い
 心地です。ヤスリ後、少し表面がザラ付いている感じはありますが
 後でサフ処理で何とかなると思っています。

②後部の推進ノズルの様な8ヶ所の丸凹ディテールは
 ピンバイスで開口後真鍮パイプの輪切りを差し込んでみました。
 エポキシパテで少し太らせ、凸凹モールドを型押しして表現して
 みました。

・・・と半年前の状態からごくごく少しの前進ですが、
また少しづつ進めて行きたいと思っていますので、
長い目で今後共宜しくお願い致します!

最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦6 [ガトランティス軍艦艇]


宇宙戦艦ヤマト2199の公式設定資料集、第2弾「ガミラス編」
9月発売予定!とCMでも告知が始まりました。
「EARTH]も欲しいし、
シュルツ艦ガイデロール航宙戦艦も欲しい。
小遣いが足りない・・・どう工面していきましょうか・・・
7月13日から2199プラモデルのキャンペーンも実施ですと!!!
どぉせぇっちゅうねん!状況は当分続きそうです・・・

今日の宇宙戦艦ヤマト2199の放映は『魔女はささやく』。
昔からのヤマトファンの私にとっては今回の様なテンポは苦手です。
ついていけない~~~と思いながらも第6章まで観終わった後に
改めてみてみると伏線が良く理解でき、復習にはなりますね。
土方のおじさまの件とか・・・
まぁ今後もしっかりチェックして2199の理解を深めようと思います。

さて・・・模型いじりは相変わらず第4章冒頭に出現した
ガトランティス軍の製作です。
ガトランティス軍のメカコレ駆逐艦ククルカン級襲撃宇宙駆逐艦の
本体(パーツ№⑪と⑫)を修正しました。
①上面回転砲塔は他パーツに換装する為、上面は帯状に切り出し、
 プラ棒で作ったひな壇状の物を差し込みました。
 今後この上に砲塔やら艦橋やらをくっつけて行きます。
②後方はエアインテークみたいな意匠が設定から見てとれますので
 その再現の前準備として他パーツに入れ替えました。
 (当初はパーツ№⑪と⑫を貼りつけてメインノズルを切り取った後
  薄く削って加工すればと思ってたのですが、そこは古いキット、
  プラの肉厚感がハンパ無く、削るよりはプラパイプの輪切りに
  入れ替えた方が早いということで・・・)
 今回使ったのはメカコレのコスモハウンドさんのパーツ。
 今思えばプラパイプで済んだのかもしれません・・・
 スマン、コスモハウンドさん・・・

ガトランティス艦艇06.jpg

切り貼りしただけの荒削りな物でスミマセン。
自分イメージはこんなカマボコ型のふくよかな胴体でないのですよ。
ケド私の力量ではゼロから作りだすのは無理な話なので
今回はこのまま行きます・・・

最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦5 [ガトランティス軍艦艇]

「今作っているガトランティス艦艇の参考資料になるのでは」と
期待していた宇宙戦艦ヤマト2199の公式設定資料集・・・
当初の発表から修正され、2冊構成で発売になりましたね。
1冊目は地球の国連宇宙軍にスポットを当てた物との事。
こうなったからには地道に我が道を進んで模型は完成させるしか
ありませんね。

週末模型屋のぞいたら、ガミラス艦セット2発売されてましたね!!
シュルツ艦ガイデロール航宙戦艦かっこいいっすね~
・・・・ケドお小遣いの少ない私は、来月まで我慢するしかないのであります。買った方が羨ましい・・・
でも模型いじりに活躍するであろう工具達はゲットして帰宅。
●カッティングスケール(15㎝)~ハセガワ
 このテの定規は30㎝、40㎝の物は持っていたのですが、
 ちょっとした物を切り出す物は100均の金属製を使っていました。
 これはアクリル製で対象物が透けて見え、ガイドの方眼メモリは
 切り出しの強い味方にきっとなってくれると思います!
●マイクロスコヤ~HIQPARTS
 「中上級者向け」の表示には買うのをためらいましたが(笑)
 小さいスコヤは持っているのですが、土台の部分が無いスコヤも
 切り出しにはなるほど便利かなと思い購入。
 硬質ステンレス製ですが、錆びない?と思わせる風貌がちと心配。

・・・さて、ガトランティス軍の駆逐艦ククルカン級襲撃宇宙駆逐艦の製作ですが、パテ山盛りだった艦尾側を週末せっせとヤスリがけ。
(パーツ№③と⑤の艦尾側です。何となくモールドで切り分けて艦尾側だけ接着したものです。)

①そのままの厚みでは、完成後メインノズルがのっかっている様に
 見えますので、接着の際上下で0.5㎜程幅ツメしてみました。
②2199の設定にはない回転砲塔のモールドはそぎ取り
③後方のスリットをプラ板で作ってみました。スリットを仕込む為、
 外側にはやや強引にプラ板を瞬着で接着して凹スペースを確保。
④尖った物は切り取り、市販パーツ(壽屋のマガジン&ライフル弾の
 ライフル弾)に置換。

ガトランティス艦艇05.jpg
写真に舌の様に写っている艦底部は設定ではこんなに平たい物ではなくて凸っているようですね。けど、今回はこのままで行こうと思っています。・・・多分。


最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦4 [ガトランティス軍艦艇]

宇宙戦艦ヤマト2199第六章、劇場に観に行ってきました。
300人程収容出来る劇場に15人ほどの観客。朝一番に観に行ったからかな。けどゆったり観れてよかった。
内容は七色星団の会戦が駆け足過ぎてもう少し尺が欲しかったように思いました。
レプタポーダの件は何かドタバタ過ぎて笑ってしまいました。
ガトランティス軍の虜囚、ワイルドすぎます(笑)。
自分的にはもう少し銀英伝OVAのラグプール事件の件の様に、もう少し
俯瞰的にまとめたら良かったような感じがします。
藪さんもいつのまにか・・・(笑)まぁ、死ななくて良かったね。

以上バクっとした話で申し訳ありませんでした・・・
模型の話に移らせていただきます。

メカコレはククルカン級襲撃駆逐艦に手を付けております。
今は艦尾を弄っていますが、パテまみれで到底お見せできるものでは
ありませんので、まずは艦首部から御覧下さい。

メカコレで表現されている艦首両サイドの回転砲塔は2199版では噴射口?(ミサイル発射管?)になっていますので、プラパイプを門松の竹の様に斜めに切り出した物を埋めて表現してみました。

艦首はゴーランド艦の物を移植しようと思い立ちました。理由として
①艦首両サイドの凹スリットがフラットに削っているだけに見える。より彫り込んでいる様なゴーランド艦の凹スリットの方が好み
②艦首上面の回転砲塔を修正するのに、一旦そぎ取って加工するよりこっちが楽、だからです。
ラスコー級突撃宇宙巡洋艦の艦首は、潜宙艦さんを移植する事に
しましたのでゴーランドさんの艦首ミサイルはどうせ不要パーツになりますしね。

艦首先端のパーツはコスモゼロさんから頂きました。
ガトランティス艦艇04.jpg
とりあえずやってみたかった事はやってみた感じです。
イメージはくみ取っていただけますか?
後は艦尾にかけてのズングリ感をどうしようか悩みどころです・・・

最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦3 [ガトランティス軍艦艇]

お久しぶりどころではないぐらいのお久しぶりです。
2013年3月以来ですから3か月ぶりです。
仕事から来る肉体的疲労が抜けずにブログ更どころか
日々の生活もおざなりになっておりました。
いかんいかん。
とりあえずいつも通りの生活リズムに戻す気力が出てきた所で
ブログも再開したいと思います。

模型の方はメカコレクション弄りにはまって
ガトランティス軍艦艇の完成に向けて邁進して・・・おりません!
ククルカン級襲撃宇宙駆逐艦はこのような様です・・・
ガトランティス艦艇03.jpg
心のままにバラバラな姿になっております。
心のままに製作を進めると、時として収拾がつかなくなるものです。
イメージはあったつもりなんですがね・・・

とりあえず今回は現況の報告という事でm(__)m
お蔵入りにならないよう今週末は頑張ります!

最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦2 [ガトランティス軍艦艇]

今製作しようとしているガトランティス軍の艦艇達には
4~5種類ほどの回転砲台が見てとれます。

今回の作例では一番大きな物(主にラスコー級に付いている)は
メカコレ大戦艦さんから移植しようと思いました。
(下の写真の一番左のヤツ)
設定では8連装の回転砲台が正解のようですが、大戦艦は10連。
でも他の回転砲台との差別化を考えると、せっかく一番大きな
砲塔は10連の方がしっくりくると思いそのまま使用する事に。

ククルカン級の8連装とナスカ級やラスコー級の4連装の物は
ディテールアップパーツに穴開けして作ってみました。
ちなみに一番右の赤いパーツはナスカ級の砲台に使うつもりで
メカコレ沖田艦の艦橋砲塔を削った物。

砲塔達はこれから相当数複製をしなければなりません・・・
ガトランティス艦艇02.jpg
メカコレのディテールと一番かけ離れている
ラスコー級突撃宇宙巡洋艦を製作するにあたって、
使えるパーツが無いかといろいろ検討しました。
結局、艦首はメカコレガミラス艦に付いている潜宙艦をくっつけ、
艦体の両舷にメカコレ主力戦艦のパーツを貼って遊んでみました。

艦首は航空機ミサイル等を移植しよう等といろいろ考えましたが、
以前PS2版のガミラス艦を作った際に、潜宙艦だけ作らなかった事を
思い出して使ってみたのが自分的にはドンピシャ。
同じ白色彗星帝国の艦艇同士だし違和感無かったようです(笑)
↓↓↓↓ちなみに昔製作したメカコレのガミラス艦です↓↓↓↓
ガトランティス艦艇02-2.jpg
やっと宇宙戦艦ヤマト2199公式設定資料集の発売が決定したようです
http://www.mag-garden.co.jp/yamato2199books/index.html
発売日は5月30日。楽しみです。
模型製作の方はいつもの様にゆっくりやっていくつもりですので、
今の製作の参考になる様ガトランティス軍の資料も載っていると
嬉しいな。
そして宇宙戦艦ヤマト2199の第5章のPVも公開になりましたね。
できれば劇場で観たいし、あれこれ考えると4月5月に向けて
小遣いためとかなきゃです!

最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン

ガトランティス軍艦艇製作に挑戦1 [ガトランティス軍艦艇]


国連宇宙海軍連合宇宙艦隊セットの製作も完了し、
次の模型いじりのお題を考えていましたが、
ガトランティス軍の再現を行いたいと思います!
きっかけはやはり宇宙戦艦ヤマト2199の第4章を
観たことが大きいですね。
資料はDVDに付いていた資料のみと少ないので
自己流な解釈が多分に入ってくると思いますが、
ゆるゆると楽しんでいきたいと思います。

使用するのはヤマトメカコレクションのキット達。
早速、本体のみマスキングテープで仮組みして形状検証。
ガトランティス艦艇1.jpg
高速中型空母ナスカ(ナスカ級宇宙中型空母)
 一番2199のイメージに近いですかねぇ。艦橋の位置を
 置き換えるのみでそれらしくなりそうです。
 飛行甲板少し幅増ししてみようかな。
デスラー艦隊駆逐艦(ククルカン級襲撃宇宙駆逐艦)
 ①上甲板の回転砲台の大きさがマチマチ②艦橋へのふくらみが
 大きすぎる③艦尾が間延びして見えるのが気になりポイント
 しょうか。けど、余り弄ると収拾つかなくなる可能性大なので
 キットのままの形状でいくと思います・・・
ミサイル艦ゴーランド(ラスコー級突撃宇宙巡洋艦)
 一番オリジナルとかけ離れている様な。シルエット再現できる
 か不安です。艦橋も形が違いすぎるし(銀英伝のブリュンヒルト
 が乗っかているみたい)パーツの移植とか厄介そうですね。
 一番手がかかりそう・・・

途中で投げ出さない様、まずはキットの形状を活かす方向で
頑張って行きたいと思います!

最後までお付き合いありがとうございました~(感謝)。
お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン
ガトランティス軍艦艇 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。