So-net無料ブログ作成

ジェスタキャノンその2~前進? [1/144ジェスタキャノン]

ジェスタキャノン製作開始です!
今回、購入したジェスタキャノンのインストを眺めておりまして、箱絵を見た時、フッと思ったのが肘関節の意匠違い(最初そこかよ!、っていうご指摘はごもっとも)。
パーツ№C1-13(C2-13)ですが、パーツでは関節部分中央部に一筋の凸ライン。対して箱絵は中央部が凹んで見えます。ジェスタキャノンは「重装備がごつくて強そうでよい」と思った私は、箱絵準拠で制作するのが王道ではないかと思えたのです(私の制作スタンスは、局部的に弄りたいところを弄る!ですので)。

・・・これからが長い1週間の始まりでした。

シリンダーのような物をはめれば良いんじゃないかと、
最初プラパイプを断面「C」の様にしてパーツに填め込もうと試行錯誤します。
加工しやすいエバーグリーンのパイプをドリルで内径攻めで広げて合わせてみますが、外径が太すぎる(って、気付けよという話ですよね)・・・
どうする?と行き着いた先が、細切りプラ棒のパーツ巻き付けです(皆さんは最初からそう思いましたよね!?)。
rgm96x01.jpg

最初はマジでプラパイプの輪切りかぶせで頑張ってみたのですが、今回のサイズには合わなかったようです・・・思いついたときはいける!と思ったのですがねぇ・・・
皆さんには不必要な遠回り制作でしょうが、
プラパイプの内径広げるのにドリル刃買いに行ったり、ボリュームアップしすぎないプラパイプをウェブでググったりと、このしょうもないエラーに今週は楽しませていただきました。

お帰りの際はお忘れなきようバナーをポチッとお願いします。
今後の励みになりますので~
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へblogram投票ボタン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。